血糖値を正常にするには

血糖値とストレス

血糖値を下げるには、ストレスも大きく関係する事をご存知でしょうか。

 

心身の健康にも影響が大きいストレスですが、我々の生活は様々な理由からストレスに囲まれている状態と言えるでしょう。

 

仕事や家庭、人間関係や将来への不安など、ストレスの要因は様々な物があります。

 

血糖値が上がってしまうのもストレスが原因となっている場合があるようです。

 

ストレスを受けることで血糖値を上げるホルモンが分泌され、インスリンへの感受性が低下し、インスリン抵抗性が増すことがわかっているのです。

 

そもそも人間は、ストレスを受けると体内環境を変化させて生存競争に勝とうとする危険に満ちた狩猟時代の名残があり、現代もストレスによって血糖値や血圧が上がるとされるものです。

 

よって、血糖値を下げるにはストレスを解消させることが大切になっているのです。

 

また、ストレス解消のために暴飲暴食をする方も問題でしょう。

 

ストレスをなくしたいからと何度も食べ過ぎてしまい、気が付いたときには糖尿病になることだって十分に考えられます。

 

それから、糖尿病患者では、闘病の辛さや将来への不安からストレス状態になり、うつを発症させるケースもあるのです。

 

結果、血糖値を下げる治療への意欲がなくなってしまう方もいるようです。

 

そうならないために、糖尿病に掛かっていることをしっかり受け入れ、ストレス解消できるような趣味やスポーツなどを行ってみましょう。

 

気分転換に散歩をしたり、友人とおしゃべりするもの良い方法でしょう。

 

血糖値を下げる対策をしながら、心療内科や精神科を受診するのも大切な事です。

 

ストレス解消し、健康を取り戻しましょう。

血糖値とストレス関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値とストレス