血糖値を正常にするには

血糖値と外食

血糖値をきちんと管理していても、外食となるとつい食べ過ぎたりして管理がおろそかになることが多いようです。

 

血糖値が上がらないようにするためのポイントを押さえて、外食を楽しめるようにしてみましょう。

 

外食での注意点は、やはり栄養バランスの取れたメニューであるかで、糖尿病に対してもダメージの大きい脂肪が多いものや、血圧を上昇させる塩分の高いものは避けましょう。

 

血糖値を下げやすくなる低GI値のものを意識して選び、タンパク質も適度に摂りながら野菜をたっぷり食べるように心掛けたほうが良いでしょう。

 

低カロリーで知られる和食ですが、ご飯やうどんは血糖値を上げてしまう炭水化物が豊富に含まれています。

 

天ぷらも一緒に食べると、食後の血糖値は急上昇してしまう場合もありますから、主食の量は控えめにし、血糖値を下げる効果がある酢の物が添えてある定食を選べば栄養バランスも良くなります。

 

イタリアンやフレンチも外食では食べる機会が多いものです。

 

パンやパスタ、ピザなどから選ぶとしたら、血糖値が上がりにくいとされるパスタを選びましょう。

 

また、オリーブオイルをふんだんに使用したイタリアンは健康的な食事とされますのでお薦めです。

 

そして、血糖値を下げようと考えているなら、ファーストフードは要注意です。

 

高カロリー高脂肪、更にはGI値の高いフライドポテトなどがメニューにあります。

 

最近は野菜を使ったヘルシーメニューを取り揃えるお店も増えましたが、そうでなけれ避けたほうが良いでしょう。

 

外食だと、つい気持ちに緩みがちです。

 

血糖値管理の為にも、食べ方やメニューの選び方に工夫してしっかり自己管理したいですね。

血糖値と外食関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値と外食