血糖値を正常にするには

血糖値と甘い物

血糖値が気になる方も、つい甘い物を食べてしまいたくなる時があるでしょう。

 

甘い物は血糖値が高い方はもちろん、糖尿病やメタボリックシンドロームの方には避けなければならない食品なのです。

 

甘い物には含まれる糖分や脂質が多く、ケーキ1個でもかなりのカロリー数になり、ショートケーキなら250kcal、チーズケーキは400kcal、ミルフィーユでは500kcalにもなってしまうのです。

 

これは糖尿病で治療中の方にとっては余りにも高い数値で、厳格な食事制限をしている方では摂取カロリーが1200kcalまでなので、甘いものがどれほど高カロリーかわかるでしょう。

 

しかし、全く甘い物を全く食べないというのも味気ないですね。

 

血糖値を下げるためにも甘い物は避けたいのですが、食べ方などに注意すればそれほど問題はないでしょう。

 

食事の前に食べるようにするというのがポイントです。

 

こうすれば満腹中枢が刺激されて自然と食事の量が減らせ、カロリーオーバーし難いという利点があるからです。

 

また、小麦粉やバターが使われたお菓子よりも、フルーツを使ってあるゼリーなどを選べばビタミン類も補給できますし、糖質が少なくて食物繊維が含まれる小豆を使った和菓子は比較的カロリーも低く、血糖値コントロール中でもお薦めでしょう。

 

血糖値を下げるためには何が何でも食事を制限して我慢を重ねるのでは、逆にストレスを溜めてしまう事になります。

 

ストレスは糖尿病を始め様々な病気の原因に1つとも言われていますので、たまには負担がない程度に楽しんでみても良いのではないでしょうか。

血糖値と甘い物関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値と甘い物