血糖値を正常にするには

血糖値とGI値

血糖値を下げるために、食事から取り組んでみましょう。

 

血糖値に関連の深いものに、GI値というものがあります。

 

GI値とは、ブドウ糖を100とした場合の血糖値の上昇する割合を示していて、この数値の高い食材を避けるようにするだけでも血糖値を下げるには効果的とされます。

 

話題になったダイエット法の低インシュリンダイエットでは、GI値の低いものを中心に組み合わせた食事を摂ることで痩せられると人気になりました。

 

血糖値を下げるにも、代表的な食材のGI値を覚えておくと便利だとされます。

 

GI値をいくつか紹介します。

 

主食となる精白米は81、食パンは91、うどん85、野菜は、ジャガイモ90、カボチャ65、お菓子類はドーナツが86、チョコレートは91などです。

 

しかし、血糖値を下げるには60以下の低GI値が良いとされます。

 

先述した食品は全て高GI値食品になるので、例えば精白米をGI値55の玄米に変えたり、食パンでなくGI値50の小麦全粒粉パンに交換するといった工夫が大切です。

 

また、料理法にも注意しましょう。

 

みじん切りやすりおろしにすると消化しやすくなりますが、反面糖質の吸収率を上げる作用もあり、血糖値が上昇してしまいます。

 

硬めに茹でた状態が適しています。

 

それから、ビタミン補給にピッタリのフルーツも、ジュースなどにすると血糖値を上げやすくすることが分かっていますから、そのままカットフルーツとして食べる方がおすすめです。

 

血糖値を下げられる低GI値の食品を上手に利用して、メニューを考えてみてはいかがでしょうか。

血糖値とGI値関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値とGI値