血糖値を正常にするには

血糖値を下げる食材

血糖値を下げるには、食材にも注目しましょう。

 

健康食材としても知られるゴーヤは、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、沖縄では長寿食にもなっています。

 

ビタミンCやカリウム、また、美容にも欠かせないビタミンEもあり、ゴーヤチャンプルや酢の物にすると良いでしょう。

 

血糖値を下げる働きのあるゴーヤの種には植物インスリン様物質があって、インスリンのような作用を持っており、食物繊維もたっぷりありますから、糖質の吸収を抑えて食後血糖値の上昇も緩やかになります。

 

それから、良質なタンパク質は血糖の吸収を阻害する効果があるとされ、糖尿病の合併症である血栓を防ぐDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの脂肪酸が豊富な魚(特に青魚)が適しているとされます。

 

肉もタンパク質を含みますが、糖尿病の原因となる悪玉コレステロールが多いので、肉よりも魚の方がおすすめでしょう。

 

血糖値の上昇を抑える食材にはお酢も挙げられます。

 

炭水化物の吸収を遅らせる効果があり、血糖値が急激に上がらないようにしてくれます。

 

酢の物にしたり、サラダのドレッシングとしてもよく、例えば血糖値を下げる効果を持つタマネギにさっぱりとした酢醤油を合わせたりしても。

 

他にも、糖の吸収を抑えて腸内の老廃物を排出させるコンニャクや、体内のインスリン不足をサポートし、血糖値を下がりやすくしてくれる酒粕、バナナダイエットが大流行したバナナなど、有効な食材はいくつもあるようです。

 

血糖値を下げられるよう、これらを上手に取り合わせて美味しい食事を楽しみながら摂る工夫をしましょう。

血糖値を下げる食材関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値を下げる食材