血糖値を正常にするには

血糖値が下がるとは

血糖値の平均値は80〜100mg/dlです。

 

この数値から外れると様々な病気を引き起こしてしまうのです。

 

数値が下がってしまう状態を低血糖と呼びますが、エネルギー源として使われるブドウ糖が少なくなると生命維持にも関わるせいか、血糖値を上げべく体内で様々な反応が起こるのです。

 

また、50mg/dl以下くらいまで下がると脳がダメージを受け、やたらと汗が出る、頭が痛くなるなどの症状が出始め、意識が薄れて昏睡し、さらには死に至ることもあるのです。

 

そうならないよう、血糖値を下げるために体内ではインスリン分泌を抑え、代わりにグルカゴンやアドレナリンなどの分泌量が増えて正常に保とうします。

 

血糖値が下がった時に発症する病気の一例を紹介しましょう。

 

血糖値の低下で考えられる病気は、肝硬変、肝癌、インスリン拮抗ホルモン欠乏症、ランゲルハンス島肥大などです。

 

血糖値が高いために発症する糖尿病でも、低血糖に陥ることもあるのです。

 

例えば、糖尿病治療のために血糖下降作用のある薬を服用した時に誤って飲みすぎてしまった場合や、高い数値が続いた患者が一時的に血糖値が下がった場合に身体が反応仕切れず、低血糖の発作を起こすといったこともあります。

 

それに、慢性疾患に負担が掛かっている状態では下がりやすいと言われています。

 

低血糖の治療は、糖分のあるものを飲食させることです。

 

糖尿病患者でも、血糖値が下がり過ぎた際の対策として砂糖や飴を持ち歩く方は多いでしょう。

 

血糖値の高い方も、低血糖には充分注意しなければならないのです。

血糖値が下がるとは関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値が下がるとは