血糖値を正常にするには

血糖値が上がるとどうなる

血糖値が上がると様々な問題が起こります。

 

その中で最も注意しなければならないのは、糖尿病を引き寄せる原因となることです。

 

糖尿病は、高血糖の状態が長く続くことで発症し、自覚症状がない場合も多いとされます。

 

一度糖尿病になると完治するのは難しく、生涯付き合っていく持病となってしまいますから、血糖値のコントロールはとても重要になってきます。

 

糖尿病の症状である失明や四肢の先端に起こる壊死も、血糖値が上がり、血中に大量に含まれる糖分が異常なタンパク質へと変わって、毛細血管に詰まることから起こった血管障害が要因です。

 

また、血圧も上がりやすくなるとされます。

 

血糖値が上がることで体は数値を下げようと働き、血糖値を下げさせる作用を持つインスリンなどのホルモンを出します。

 

しかし、その量が過剰になると腎臓に影響を与え、さらにナトリウムとの反応によって水分がたまりやすくなって、血圧が上昇してしまうとされています。

 

そして、血糖値が上がるとドロドロ血になります。

 

血糖値が高いのは、代謝異常だからでもあるので、結果として動脈硬化を招きます。

 

血糖値を下げて血中の中性脂肪も減らし、血圧を下降させなければ、糖尿病から動脈硬化は糖尿病や高血圧などを発症させ、いずれ生命が脅かされる症状に陥ってしまうのです。

 

予防するには、適正な数値に下げた状態にキープすることです。

 

そのためにも、血糖値について正しい知識を得て、日々の健康チェックを忘れずに行うようにしましょう。

血糖値が上がるとどうなる関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値が上がるとどうなる