血糖値を正常にするには

血糖値とペットボトル症候群

血糖値が若くして高くなり、糖尿病に掛かる傾向が強まっているとされています。

 

原因は、便利な移動手段や屋内で過ごす機会が増えて昔よりも体を動かす割合が減ったことや、食の西洋化によってカロリーの高い食事を子供の頃から好む方が増加していることなどが挙げられます。

 

もっとも、血糖値を上げてしまう1番の原因だと考えられるのが飲み物の飲み過ぎなのです。

 

今の若い世代では、コンビニや自動販売機などで気軽に飲み物を買っています。

 

しかも、よく飲まれるのが清涼飲料水やスポーツドリンクで、炭酸飲料水も人気があります。

 

これらは喉越しもよく、暑い日や運動をした後にはついたくさん飲んでしまいがちです。

 

しかし、血糖値を上げる糖質もたくさん含まれているので飲み過ぎには注意が必要なのです。

 

ペットボトルが登場し始めてから若年層に血糖値が高い方の割合が増えて来たとされており、ペットボトル症候群と呼ばれているのです。

 

手軽にどこでも持ち運べるペットボトルの便利さが、血糖値には返って不利に働いたのか、いつの間にか急性糖尿病に掛かってしまい、突然昏睡状態に陥るケースもみられます。

 

そうならないためにも、甘い清涼飲料水などをしょっちゅう飲むのはやめておきましょう。

 

若い方は普段から飲み物を持ち歩く習慣があることも多く、糖尿病を充分に分かっていない場合がほとんどなので、甘い飲み物を毎日飲んでいることの恐ろしさに理解が及ばないのではないでしょうか。

 

血糖値を下げるためにも、飲み物は糖分の入っていないお茶類やミネラルウォーターなどを選ぶようにします。

血糖値とペットボトル症候群関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値とペットボトル症候群