血糖値を正常にするには

血糖値と妊娠糖尿病

血糖値が特に高くなりやすい時期が女性にはある事をご存知でしょうか。

 

それは妊娠している時期です。

 

妊娠前は正常値を保っていても、妊娠すると高くなりやすいと言われており、妊娠糖尿病になってしまう方もいます。

 

血糖値が高くなるのは、妊娠中に分泌されるホルモンの影響で脾臓におけるインスリンの作用が弱まることが原因とされます。

 

また、妊娠中は普段よりも栄養を取らなければなりませんが、過食してしまうと血糖値が上がり過ぎてしまうのです。

 

妊娠糖尿病は妊娠期間を過ぎれば自然に数値が下がり、普段の健康体に戻れるケースがほとんどでしょう。

 

しかし、元々肥満体質の妊婦や遺伝的に糖尿病の素因を持っている方は出産後も血糖値が下がらず、そのまま糖尿病になってしまう恐れがあるために、十分に注意しなければなりません。

 

体質などに問題は無くとも、妊娠を機に太ってしまった方はダイエットをしなければいつ糖尿病を発症するかは分からないのです。

 

食事の内容に気を配ったり、間食を止めると言った対策をたてた方が良いでしょう。

 

糖分はもちろんですが、脂肪や塩分も控えめにし、赤ちゃんの生育の為にも良質なタンパク質にビタミン・ミネラル豊富なメニューを選びましょう。

 

太らないように運動するのも良い方法で、最近は妊婦でも楽に運動できるようなマタニティビクスなどのエクササイズやヨガなどが人気です。

 

これらは出産時に必要な体力を養い、お産を軽くしてくれる効果もあるので、無理の無い範囲で行いたいですね。

 

血糖値を下げて妊娠糖尿病に掛からないよう、健康的なマタニティライフを送る事をお薦めします。

血糖値と妊娠糖尿病関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値と妊娠糖尿病