血糖値を正常にするには

血糖値上昇と隠れた病気

血糖値が上がることが病気のサインになっている場合も良くあることです。

 

糖尿病の代表的な原因である高血糖ですが、病気の発症によって血糖値が上がっている場合もありますので、隠れた病気がないか調べておけば安心です。

 

臓器に問題が生じることで血糖値が上がってしまう症例には、膵臓ランゲルハンス島の荒廃、膵結石、急性膵炎、肝硬変、慢性肝炎などがあります。

 

特にインスリンが分泌される臓器であるランゲルハンス島の障害は重大なダメージを与えます。

 

血糖値は内分泌疾患によっても高くなってしまいます。

 

成長ホルモンや副腎髄質ホルモン、甲状腺ホルモンなどの分泌過剰からホルモンバランスが崩れ、結果、血糖値が上昇してしまうのです。

 

更に、よく聞く病気からも影響を受けます。

 

血糖値を上げる原因には貧血、中毒、急性肺炎、肥満症などもあります。

 

そして、こんなことでも上昇するかと思ってしまう場合もあるのです。

 

短時間の激しい運動は一見無関係のように捉えがちですが、こちらも原因となるので、血糖値を下げようと張り切って運動したはいいけれど逆効果になり、かえって体に悪影響を残してしまうことになり兼ねません。

 

糖尿病では高血糖が要因となりますが、病気によって血糖値が上がる点で違いがあって、医師の診察を受けて原因を追究しなければ問題解決には繋がらないのです。

 

よって、定期的な健康診断と検査がとても重要となります。

 

血糖値が急に上がりだして体調も優れない場合は、ぜひ病院で詳しい検査を受けるようにしましょう。

血糖値上昇と隠れた病気関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値上昇と隠れた病気