血糖値を正常にするには

血糖値と合併症

血糖値が下がらないと糖尿病になってしまいます。

 

糖尿病には様々な合併症を起こる事はご存知でしょうが、どのような病気があるのでしょうか。

 

糖尿病になると、免疫力が低下したり、体に様々なダメージが現れて健康を害してしまうのです。

 

しかし、糖尿病が恐ろしいとされる理由には他にもあります。

 

血糖値を下げることが出来なければ、合併症に苦しめられてしまうからです。

 

主な合併症は、心筋梗塞、脳卒中、視力障害、腎臓病、神経障害などで、重篤な場合では命に関わる病気が多いのが特徴で、三大合併症がよく知られています。

 

三大合併症とは、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害のことです。

 

糖尿病性網膜症は、血糖値が高くなったことで血管障害が起こり、酸欠を防ごうと新生血管ができますが、脆くて出血しやすいために目の機能が低下してしまうというものです。

 

糖尿病性腎症は、血糖値が下がらないままにしていると、腎臓の毛細血管が動脈硬化を発症させて痛んでしまうのです。

 

そのため、蛋白尿や高血圧などが起こり、悪化すると腎不全や尿毒症になってしまいます。

 

血糖値が高いままの状態にある時、早期に出始める合併症が糖尿病性神経障害です。

 

高血糖が持続することで神経が変性し、感覚が鈍って痺れや知覚異常、さらには顔面神経麻痺に自律神経の乱れと、全身の神経に影響が出ます。

 

合併症を併発すると日常生活を送るのも困難になり、場合によっては死亡する可能性も高くなります。

 

既に糖尿病になっている方も、適切な対処をすれば進行を抑えることは可能です。

 

血糖値を下げられるようにコントロールし、症状改善を図りましょう。

血糖値と合併症関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値と合併症