血糖値を正常にするには

血糖値と糖尿病の発症

血糖値が高くなってから、糖尿病を発症するまでのプロセスをみてみましょう。

 

血液中の糖分が高い状態を高血糖と呼びますが、そうなるとインスリンを分泌して血糖値を下げようと働きかけます。

 

しかし、何らかの理由で分泌が阻害されたり、分泌量が減ってくると血糖値は一層高くなって血中の糖質が過剰になり、粘度が増していわゆる「ドロドロ血」へと変わってしまいます。

 

ドロドロ血は血管へ大きなダメージを与えます。

 

糖尿病の合併症である動脈硬化を招くからです。

 

血糖値が高い場合は尿量が増えることが判明しており、加えて蛋白尿を併発すれば高血圧、症状が更に悪化すると神経障害や感覚異常も引き起こしますから、血糖値を下げることがいかに重要なのか伺えます。

 

体内では、高血糖に対抗しようとして過剰にある血糖を尿の形で排出する機能があり、ここで尿検査すると糖尿病に掛かっているかどうか判定することが出来ます。

 

血糖値の推移をみれば、発症しているかどうか一目瞭然なのです。

 

それだけに数値を下げるための努力がとても必要になってきます。

 

また、糖尿病を発症させるには、食生活や運動不足はもちろん、ストレス、肥満も原因で、これらがお互いに結び付いても起こりますし、1型糖尿病のように先天的にインスリンが分泌されない体質から起因する場合もあります。

 

血糖値が徐々に上がっている方は高血糖の状態に慣れてしまい、軽く考えて治療をおろそかにしてしまったり、自覚症状がないからと検査を受けずに悪化させるケースも目立ちます。

 

血糖値を下げないままにいつの間にか発症していたと言うことがないよう、定期的な測定は不可欠と言えるでしょう。

血糖値と糖尿病の発症関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値と糖尿病の発症