血糖値を正常にするには

血糖値が上がった時の症状

血糖値が上がってくると、糖尿病などに掛かる恐れがあります。

 

高血糖になれば様々な自覚症状が現れ、体調の乱れなどが起こってしまうのです。

 

ただ、体質や疲労度合いによっては自覚しない場合も多いとされています。

 

血糖値が上がっていることに全く自覚症状のないまま、定期検査で糖尿病に掛かっているのが発覚するなど、自覚症状が出るかどうかは個人差があるようで、不安に思うなら早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

症状としては、喉が乾きやすくなり飲み物をよく飲むようになったり、トイレが近くなる、空腹感が強くなり食事の量が増えたり、眠くなることが多い等です。

 

また、体調が優れないことが度々起こり、体が疲れやすくて風邪などの感染症にかかりやすい、ケガの治りが遅い、目が疲れやすくなるといったこともあるようです。

 

これらの症状に思い当たる節があるなら、血糖値を測ってみましょう。

 

血糖値が気付かないうちに上がっているかもしれません。

 

自覚症状があるのに対処せずにいると、高血糖から糖尿病へと移行する可能性が大いにありますので、定期的に血糖値を測って正常値まで下げられるようにします。

 

普段から高めの方なら、自宅でも測定できる測定器を準備しておくと良いでしょう。

 

針で指先を突いて出てきた血を測定するもので、使いやすい自宅測定用の検査機器が市販されています。

 

糖尿病患者ならば、必携の検査器具ともなっており、血糖値コントロールには欠かせないといえるでしょう。

 

血糖値を下げるためにも体調に気を配り、自己管理できるようにしたいものです。

血糖値が上がった時の症状関連エントリー


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

血糖値が上がった時の症状