血糖値を正常にするには

血糖値のしくみガイド

血糖値とは

血糖値は、血液の中に含まれるグルコースの濃度を示したもので、糖尿病などでは定期的にチェックすることが体調管理に欠かせないとされています。

 

血糖値として表わされるグルコースは、日本では一般的にブドウ糖と呼ばれています。

 

体内の生命活動に使われる成分であり、大切なエネルギー源でもありますが、適度な濃度でなければ問題を起こし、下がりすぎても上がりすぎても病気の原因となってしまうのです。

 

だから血糖値を調べることが病気を診断する要素となるのです。

 

特に、最近は食生活の変化や運動不足によって血糖値の高い方が増えていますので、様々な方法で下げる努力が行われているのです。

 

そのためにも、血糖値の平均や自分の数値も知っておくと良いでしょう。

 

血糖値の平均は、80〜100mg/dl前後とされています。

 

ただし、これは空腹時の数値であり、食事を摂ると高くなりますから毎日の健康チェックとして計る際には食事時を避けて同じ時間帯・同じ条件で行うようにしましょう。

 

血糖値の異常があると、身体はコントロールして正常に保つよう働くのです。

 

生命活動をスムーズに行う為のシステムが備わっており、下げるにはインスリン、上げるにはグルカゴンやアドレナリンなどのホルモンが放出されるのですが、システムが崩れることで糖尿病や肝硬変、心筋梗塞などの重篤な病気を引き起こしてしまうのです。

 

血糖値のチェックは、病気を未然に防ぐ意味で重要な事なのです。

 

普段から生活態度に注意し、こまめな検診を受けておくことをお薦めします。


血糖値の上下によって起こる病気などをわかりやすく解説します

Copyright (C) 2010 血糖値のしくみガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集